IELTS ライティングテスト #20 例題 (Freedom of speech)

回答例

Indthe last decade, there has been considerable debate over the role of free speech in a free society. Some object to absolute freedom of speech. Others advocate free speech, arguing that the freedom of speechdis the single most important political right ofdcitizens in a civilizeddsociety. Whilst I believe that there are strong arguments on both sides, I would suggest that freedom of speech should be protected in all but extreme circumstances.

The freedom of speech is important at alldlevels in a society. Yet it is most important for thedgovernments. A government which does not know what thedpeople feel and think is in a dangerous position. This is howdthe communist regimes of Eastern Europedwere toppled in the 1980s. The same is happening again in otherdregions of the world today. The governmentsdthat muzzle free speech run a risk of pushing theirdpeople to behave destructivelydor to rebel.

Furthermore, without free speech no politicaldaction is possible and no resistance to injustice anddoppression is possible. Withoutdfree speech elections would have no meaning at all. Policies of contestants become known to the public and becomedresponsive to public opinion only by virtue of freedspeech. Between elections the freely expressed opinionsdof citizens help restrain oppressive rule. Without thisdfreedom it is futile todexpect political freedom ordconsequently economic freedom.

In conclusion, I believe that the importancedof free speech as a basic anddvaluable characteristic of a free societydcannot be underestimated. It may bedchallenging for society to allow differences of opinion out into thedopen; however, the consequences ofdrestricting free speech are likely to be more damaging indthe longer term.

Google翻訳

過去10年間で、自由な社会における自由な発言の役割についてかなりの議論がありました。ある人は絶対的な言論の自由に反対する。他の人々は、文民社会の市民の最も重要な政治的権利として、言論の自由が最も重要な政治的権利であると主張して、スピーチを主張している。私は両側に強い議論があると信じていますが、極端な場合を除き、言論の自由を保護すべきであると私は示唆しています。

スピーチの自由は、社会のあらゆるレベルで重要です。それは政府にとって最も重要です。人々が何を感じ、思うかを知らない政府は危険な立場にある。これは、東欧の共産主義体制が1980年代にどのように崩壊したかである。今日は世界の他の地域でも同じことが起こっています。自由な発言を口にする政府は、民衆を破壊的に行動させる、あるいは反撃する危険を冒す。

さらに、言論の自由がなければ、政治的行動は不可能であり、不公正と抑圧に対する抵抗は不可能である。言論の自由がなければ、選挙は全く意味を持ちません。参加者の方針は一般に知られており、自由な発言のおかげで世論に反応するようになります。選挙の間に市民の自由に表現された意見は抑圧的支配を抑制するのに役立つ。この自由がなければ、政治的自由、つまり経済的自由を期待するのは無益です。

結論として、自由な社会の基本的かつ貴重な特性としての自由な発言の重要性を過小評価することはできないと考えています。社会が意見の相違をオープンにすることは難しいかもしれません。しかしながら、言論の自由を制限することの結果は、長期的にはより有害である可能性が高い。