IELTS ライティングテスト #17 例題 (Women and high-level positions in companies)

回答例

In manygcountriesgthese days, females make up over 50 per cent of thegworkforce, and increasingly highly skilled women are taking managerial positions. However, it is still a fact that high positions such as CEOgposts are still dominated by men.gAlthough this is not desirable, I do not personally believe that imposed quotas are the solution.

Firstly, I believe companies have a right to choose the best person for the job, whatever their gender, in ordergto contribute to the success of the business. Forcing companies to hire, promote and appoint women could negatively affectgbusiness in the short term and even theglong term.

Secondly, to my mind the solution togthis problem should be solvedgoutside the workplace. Girls need to begencouraged to take more male-dominatedgsubjects at school and later at university, and to aspire to do well in their careers. Girlsgand boys also need to be taught equalitygfrom an early age. This education can take place in schoolsgand career programmes and in the home.

To those who argue that quotas are a good way to initiate thisgchange, I would like to point out thatgartificially imposing rules has not always had thegdesired effect. When governments required males and females to receive the same paygfor the same jobs, employers simply changedgjob titles to ensure that women were stillgpaid less than men. It is my belief that employers will simply try togfind loopholes to get around anygsuch law.

In summary, I do not believe thatgforcing companies to allocate jobs to women isgthe best way to address the imbalance. Rather, itgis a question of educationgand of changing mindsets so that those who deserve to be at the topgwill earn it and be appropriatelygappointed.

 

Google翻訳

最近の多くの国では、女性が労働力の50%以上を占め、ますます高度に熟練した女性が管理職を務めています。しかし、CEOのポストのような高い地位が依然として男性によって支配されているということは、依然として事実です。これは望ましいことではありませんが、私は課税されたクォータが解決策であると個人的には信じていません。

第一に、私は、企業はビジネスの成功に貢献するために、性別に関係なく、仕事に最適な人を選ぶ権利があると考えています。企業が強制的に女性を雇用し、昇進させ、任命することは、短期的にも長期的にもビジネスに悪影響を及ぼす可能性がある。

第二に、私の心には、この問題に対する解決策を職場外で解決すべきです。女子は、学校で、そして後で大学で男性優位の科目をもっと取るように励まされなければなりません。そして、彼らのキャリアにおいてうまくいくことを願う必要があります。女の子と男の子も早い時期から平等を教える必要があります。この教育は、学校やキャリアプログラムや家庭で行うことができます。

クォータがこの変更を開始する良い方法であると主張する人には、人為的にルールを課すことは必ずしも所望の効果があるとは限らないことを指摘したい。政府が男性と女性に同じ賃金を支払わせることを要求したとき、雇用主は単純に雇用率を変えて女性の賃金を男性よりも低く保つようにしました。私の考えでは、雇用主は単にそのような法律を回避するための抜け道を見つけようとします。

要約すると、企業に女性への配属を強いることは、不均衡に対処する最良の方法だとは思わない。むしろ、それは教育と、考え方を変えることの問題です。トップにいなければならない人は、それを獲得し、適切に任命されるでしょう。