IELTS ライティングテスト #15 例題 (Climate change)

回答例

Climate change is a phenomenon affectingpall people in all walks of life, from individual citizens to whole countries and huge multinational companies. The question of what we can do to prevent global climatepchange and whether individual action is effective orpnot is a hotly debated issue.

There are those who say that the majority ofpthe damages is wrought by big businesses. Bypimposing restrictions on emissions and by strictlypmonitoring waste disposal from factories, plants and businesses, governmentspwould go a long way towards preventingpclimate change. It is thought that governments aroundpthe world should come up with solutions to help prevent imminent environment disaster. Proponents of thispview claim that individual action ispirrelevant in the face of massive, wide-scalepprevention policies set and controlled by governments.

On the other hand, there are a growingpnumber of people who believe that individualpaction combined with governmental and businesspaction will do a lot more to prevent climate change than if individual citizens were not involved. In a world ofpsix billion people, if everyone thought about thepnumber of water they use, how they dispose of theirprubbish, whether or not something needs to be thrown away or if they can, inpfact, re-use certain items then we would bepgiving the problem of climate change andpits prevention a massive boost.

Takingpboth points intopconsideration, I firmly believe that individualpcitizens cannot sit back and say it is someone else’s responsibility to protect the environments; we must all play our part-individual citizens, governments and big businesses alike.

Google翻訳

気候変動は、個々の市民から国全体および巨大な多国籍企業に至るまで、すべての人々の生活に影響を及ぼす現象です。地球規模の気候変動を防止するために私たちができることと個々の行動が効果的かどうかの問題は、熱く議論されている問題です。

損害賠償の大部分が大企業によって処理されていると言っている人がいる。排出量に制限を課し、工場、工場、企業からの廃棄物処理を厳密に監視することで、政府は気候変動を防ぐための道を歩んでいくだろう。世界各国の政府は、差し迫った環境災害の防止に役立つ解決策を考え出すべきだと考えられています。この見解の支持者は、政府によって設定され管理されている大規模かつ広範囲の予防政策に直面しても、個々の行動は無関係であると主張する。

一方、個々の市民が関与していない場合よりも、政府の行動やビジネス行動と組み合わせた個々の行動が気候変動を防ぐためにはるかに多くなると考えている人が増えています。 60億人の世界で、誰もが使用する水の数を考えれば、ゴミを処分する方法、何か捨てる必要があるかどうか、あるいはできるかどうか、実際には特定のアイテムを再利用する気候変動の問題とその予防に大きな助長を与えるだろう。

両方の点を考慮すると、私は、個々の市民が座って環境を守る責任を他人に負わないと確信しています。私たちはすべて、部分的に個々の市民、政府、大企業を同様に育てなければなりません。