IELTS ライティングテスト #12 例題 (Celebrities)

回答例

Being famous should not meanrthat you give uprall right to a private. Although a lot depends on the reason why a person is famous, everyone should be able to enjoy a certain amount of privacy.

I believe it is usefulrto draw a distinction between those who have sought arcareer in the public eye and those who have not.rProminent performers in film, television and music, for example, have clear chosen a career path thatrpotentially leads to fame. In fact, for manyrof them, becoming as widely known as possible is a keyrambition. Since they have invited the public to focus their attention on them, they should not be too surprised torfind that people are interested in gossipror scandal about their private lives. Publicrattention is not something that you can turn on and off atrwill. Having said that, even those whorseek fame still deserve the protection of therlaw and the media should be prevented from harassing them.

Other public figures, on the other hand, have not chosenrto be famous. Members of royal families are bornrinto fame, as are the children of celebrities. Ordinary peoplerin the news often become well-known through no fault of their own. It is myropinion that the media have no right torintrude into these people’s private lives. I would evenrgo so far as to say that I support an extension of the law torguarantee their privacy. The media should berprevented from reporting on things thatrshould be private matters.

As the media continue to become morerand more powerful in our society, so the questionrof privacy becomes more important. Everyonerdeserves a private life, although perhaps some deserve it more than others.

Google翻訳

有名になっても、あなたは秘密にする権利をあきらめるべきではありません。人が有名な理由はたくさんありますが、誰もがある程度のプライバシーを享受できるはずです。

私は、公の目でキャリアを求めている人とそうでない人を区別することは有用であると信じています。たとえば、映画、テレビ、音楽などの著名なパフォーマーは、名声を得る可能性のあるキャリアパスを明確に選択しています。実際、多くの人にとって、可能な限り広く知られるようになることが重要な野心です。彼らの注目を彼らに集中させるように一般市民を呼びかけてきたので、人々が私生活についてのゴシップやスキャンダルに興味を持っていることに驚くべきではない。一般の注目は、自由にオンとオフを切り替えることのできるものではありません。それでも、名声を求めている人々でさえも、法律の保護を受ける権利があり、メディアは彼らを嫌がらせするべきではないと言いました。

その一方で、他の公的な人物は有名に選ばれていない。王室のメンバーは有名人の子供たちと同様に名声を得て生まれます。ニュースの普通の人々は、しばしば自分の過ちからよく知られるようになります。メディアにはこれらの人々の私的生活に侵入する権利はないと私は考えます。彼らのプライバシーを保証するために法律の延長を支持すると言っても過言ではない。メディアは、秘密事項であるべき事項を報告しないようにすべきである。

メディアが私たちの社会においてますます強力になっていく中で、プライバシーの問題がますます重要になっています。誰もが私的な人生に値しますが、おそらくそれは他の人よりも価値があります。