IELTS ライティングテスト #11 例題 (The Internet)

回答例

Usingqthe Internet has become a normal partqof everyday life for many people. They use it to book airline tickets, or to access news about world events, or to follow the fortunes of their favourite football club. Millions of people across the world belong to social networking groups whereqthey keep in touch with their friends and if they live away from them, their family. In myqopinion these are all good ways toquse the Internet.

When it comes to finding out information there are someqvery good sites where it is possible toqcheck, for example, someone’s biographical detailsqor statistics about global warming. However, information from the Internet should be used withqcaution, because although there are manyqreliable sites, such as academic journals and well-knownqnewspapers, there are also unreliable ones, so it is important to check where informationqoriginates from before using it.

Some students use websites which offer ready-madeqassignments. This is not a good idea, even if you ignoreqthe fact that it is cheating, because suchqwebsites may contain factual errors or biased views. In a recent case, a student foundqherself in serious trouble when she submitted an essayqfrom one of these sites only to discover that itqwas about Austria, not Australia, but had an error in the title.

Nevertheless, it is nowadays possible for people all over the worldqto study or do business on an equal footing, in aqway that was unimaginable only aqfew years ago. On the whole I believe that the Internet is an excellent way bothqto communicate and to find information, as long as it isqused intelligently.

 

Google翻訳

モデル回答

インターネットを使用することは、多くの人々の日常生活の一部になっています。彼らは航空券を予約したり、世界の出来事に関するニュースにアクセスしたり、好きなサッカークラブの運勢に従うためにそれを使用します。世界中の何百万人もの人々が、ソーシャルネットワーキンググループに所属しています。ソーシャルネットワーキンググループは、彼らが友人と連絡を取っていて、彼らから離れていれば、彼らの家族になります。私の意見では、これらはインターネットを使う良い方法です。

情報を見つけることになると、地球温暖化に関する人の経歴や統計などを確認することができる非常に良いサイトがいくつかあります。ただし、学術雑誌や有名な新聞などの信頼できるサイトは多数ありますが、信頼性の低いサイトもありますので、情報を使用する前にどこから情報が得られているかを確認することが重要です。

いくつかの学生は、既成の課題を提供するウェブサイトを使用しています。このようなウェブサイトには事実上の誤りや偏見のある意見が含まれている可能性があるため、不正行為を無視したとしても、これは良い考えではありません。最近のケースでは、学生が重大な問題を抱えているのは、これらのサイトの1つからエッセイを提出したときだけであり、オーストラリアではなくオーストリアであったことを発見したが、タイトルに誤りがあった。

それにもかかわらず、世界中の人々が数年前には想像もできないほどの平等な立場で勉強したり、ビジネスをすることは今日でも可能です。全体として、私は、インターネットがインテリジェントに使用されている限り、コミュニケーションと情報の検索の両方に優れた方法であると信じています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*